坐骨神経痛について

歩行時や立ち上がろうとした時、臀部から太ももにかけて痺れや独特な痛みを感じた場合は、坐骨神経痛を発症しています。

大きな怪我や重度な病気のように生活がままならなくなるという様子ではないため、湿布薬を使用しているうちに治る事例が少なくないですが、繰り返し症状が発症していると痛みが強くて歩いたり立ち上がる事さえできなくなります。

さらに症状が進行すると直立状態で過ごしているだけでも辛く感じられたり、椅子に座ったり横になって安静に過ごしていても痛みに見舞われます。

重症化すると日常生活が営めなくなるほど支障をきたすので、坐骨神経痛が感じられたらできるだけ早くケアをする必要があるのですが、そもそも坐骨神経痛というのはそれ自体が病気や病名ではなく、坐骨神経に発生している痺れや痛みの事を総称した事です。

坐骨神経というのは人体に存在している末梢神経において最も大きな神経の事であり、臀部を起点として太ももを通過し膝の裏側や足の先に至るまで伸びています。

そのように神経が通っている部位が広範囲に及ぶため痛みを訴える部位が各患者により差異がありますし、発症した原因についても個人差が大きいです。

脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニアが原因になる場合も

初期段階では過度な運動や長時間にわたるデスクワークの慢性化が原因の運動不足が挙げられ、比較的重症化している患者では脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニアが原因になっている場合もあります。

原因が多種多様である坐骨神経痛の中で年齢に関わらず患者が多いのは腰部椎間板ヘルニアであり、椎間板という組織は背骨における各骨の中間部に存在していてクッションのような役割を果たしているのですが、様々な事柄が原因となり椎間板が潰れてしまい背中側に飛び出す事で神経に刺激を与え、坐骨神経痛が引き起こされます。

椎間板ヘルニアにより坐骨神経痛が発症している場合は若年層と中高年層によって原因に差異があり、若年層ではスポーツや仕事で腰部に継続的に負担がかかり続ける事が原因で、中高年層は加齢により椎間板の柔軟性が失われ飛び出しやすくなる事が原因です。

坐骨神経痛ならみかも鍼灸接骨院 豊川院にお任せください

身体の奥深くからゆるめ、神経の働きを促進させ、 ベストな状態の骨格を身体に覚えさせます。根本原因にアプローチし、身体に良い刺激を与えます。

普通のマッサージや骨盤矯正でよくならない、 薬や痛み止めに頼りたくない! といった方にぜひご来院いただきたいのがみかも鍼灸接骨院 豊川院です。きっとあなたのお力になれます。

初回限定割引

今なら返金保証付き!


※ホームページを見たとご予約時にお伝えいただいた方限定となります
※自費メニュー限定のサービスとなります

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院 豊川院

住所:〒442-0017 愛知県豊川市佐土町20-1※県道498号線沿い 焼肉天下 隣り

アクセス:豊橋鉄道飯田線【豊川駅】下車 西口から 徒歩約26分